Аmazon を更新できませんでした。

こんなメールが来ました。

Аmazon お客様

残念ながら、あなたのアカウント

Аmazon を更新できませんでした。
これは、カードが期限切れになったか。請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。
アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため

Аmazon 情報を確認する必要・ェあります。今アカウントを確認できます。
Аmazon ログイン
なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。

パスワードを変更した覚えがない場合は、至急(03)-5757-5252までお電話ください。

架空請求に慣れていない(?)とあらら大変!
って思ってしまうかもしれないですね。

こういったメールは架空請求なので注意しましょうねー
と話してもいろいろなパターンで送ってくるのでこのメールは詐欺という
覚え方をしてもあまり意味がないんですね。

今回のパターンでいうと

ご丁寧に電話をかけろと電話番号まで書いてくれていますので、
まずこの電話番号で検索すると、検索結果にはすぐ詐欺(架空請求)だという項目が並んでいるので
容易に判断することができます。

もう一つ、中ほどにある「Amazonログイン」というボタン

一見、amazon本体にリンクするボタンかな?
とおもってしまいますが、パソコンの場合はそのボタンをクリックせずにマウスポインタ(矢印)を
合わせると下にリンク先が表示されます。

それを見てみると、
https://subscriber.htrjl.com/Ops.aspx?3j1iz=zx&3j1izgy=**********.jp&3j1izgyewdubt=zx20200115043754000tt1@**********
(****の部分は実際には自分のメールアドレス)

どこにもamazonの文字はないです

実際のamazonアカウントサービスのアドレスは
https://www.amazon.co.jp/gp/css/homepage.html?~以下省略

となっています。
(ただ、amazonの文字がはいっているからといって安心はできないのも注意です。
前後に文字を組み合わせている場合もあります。)

もし、電話番号がないし、リンク先アドレスに社名が含まれているような場合でも
こういったメールは1人や2人に送るわけじゃなく、多くの人が受け取って詐欺だとわかりWEBにも情報を載せてくれているので

メール本文の一部、例えば
「残念ながら、あなたのアカウント Аmazon を更新できませんでした。」という文字を打ち込んで検索しても
架空請求だという情報がわかります。

メールだけじゃなく郵便はがきでの請求もいまだによくあります。

最近ではシールはがきで送ってくるものもありますね。

はがきで来た場合でも、そこに書かれている住所や電話番号を検索してみると
確認できるので、こういったメールやはがきが来てもびっくりせずに落ち着いてまずは検索してみましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です